« 2008年11月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

岡崎“原発ゼロ中電前行動”

汚染水はやっぱり海へもれていた。事故は収束していない!

  なぜ、東京電力の原発汚染水海洋流出発表は、参議院選挙の開票日の翌日に行なわれたのか?。なぜ、18日に東電から報告を受けていた原子力規制委員会は、東電に公表を促すこともせず、自らも公表しなかったのか!・・・。

 参院選で原発再稼働をすすめる自公政権が議席を増やしましたが、「原発ゼロ」を求める運動は広がりをみせています。

 岡崎市内でも、「原発の即時ゼロ」を求める中部電力岡崎支店前の“行動”が8月11日、午前11時から行なわれます。呼びかけているのは「革新・岡崎の会」で、“毎月11日、午前11時行動”を続けています。原発ゼロの思いの人はどなたでも参加できます。ぜひおでかけください。

 日時:2013年8月11日(日)11:00~12:00

 場所:中部電力岡崎支店前の歩道

 よびかけ:革新・岡崎の会 (連絡先:石田邦芳℡0564‐24-8432)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いっしょにつきませんか?平和の鐘

 毎年の8月に、“核兵器のない平和な世界になりますように”と願い、鐘をつく活動が全国の寺院を中心に取組まれています。原爆や戦争でなくなられた方を4_2偲び「平和な世界を」という願いを鐘に託すというものです。

岡崎でも17年間の積み重ねで

 岡崎でも新日本婦人の会が、終戦50年目の1995年から、近所や自分のお寺などに協力をお願いし、年ごとに「平和の鐘」がつける寺院も増え市内25ヵ所の寺院となりました。

 ぜひご家族で一緒につきましょう。子どもたちと平和の大切さを語り合う良い機会にもなると思います。

 ★平和の鐘をつく時刻

  8月6日(火)午前8時15分 ―― 広島原爆投下

  8月9日(金)午前11時2分 ――  長崎原爆投下

  8月15日(木)正午      ――  終戦

 ★問い合わせ先

  新日本婦人の会 岡崎支部 平井℡0564-52-9746

  岡崎・額田原水爆禁止協議会 杉田℡0564-47-2821

| | コメント (0) | トラックバック (0)

岡崎後援会 花火と納涼ガーデン

 33

 岡崎市日本共産党後援会は8月3日、恒例の“花火と納涼ガーデン”開催。みなさんのご来場とお待ちしています。

と き 8月3日(土)午後6時30分~花火終了まで

ところ 党・西三河地区委員会の屋上(岡崎市広幡町1-1)

かいひ 500円(こども無料)本格的生ビールを特別価格で提供します。

     愛環鉄道北岡崎駅より徒歩8分です。

・駐車場は近くにありますが、車の運転をされる方はアルコール厳禁です。

主催・岡崎市日本共産党後援会

連絡先・事務局 八木(090-6353-5788) 山本(090-2948-7400) 吉田(090-6353-5788) または、鈴木まさ子、木全昭子市議までご連絡ください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豊田後援会 花火をみる会

 日本共産党豊田市後援会は、参議院選挙での日本共産党の躍進(3⇒6議席)をみんなで祝いましょう。と、おいでんまつりの恒例の“花火をみる会”を下記の要領で開催します。ご家族づれでお出かけください。

にちじ 7月28日 午後6時30分より

ばしょ 日本共産党豊田市委員会事務所(日の出町1-6-6)駐車場

かいひ 500円(アルコール代は実費・小学生以下は無料)

 場所は、花火打ち上げ会場のすぐ近くです。場所とりなどの必要はありません。トイレもすぐ隣にあります。

主催・申し込み先 日本共産党豊田市後援会 電話0565-34-477255

| | コメント (0) | トラックバック (0)

参院選で日本共産党大躍進

 7月21日投票の第23回参議院選挙で日本共産党は、改選3議席から8議席に大躍進しました。比例代表選挙では、改選3議席から5議席となり「比例5議席絶対確保」の目標を達成するとともに、選挙区でも東京、大阪、京都で議席を獲得。また、日本共産党が推薦した沖縄選挙区(定数1)の糸数慶子氏は、自民党にうち勝って当選をはたしました。

 日本共産党の参議院の国会議席は非改選議席(3議席)と合わせ11議席となり、9年ぶりに議案提出権を獲得しました。これは、安倍自公政治の暴走にストップをかけ、「国民が主人公」の新しい政治をつくる、重要な反転攻勢の一歩であり、“第3の躍進の波”の始まりともいうべき歴史的意義をもつものです。

 愛知選挙区ではもとむら伸子候補が最後まで3議席目を、みんなの党と維新の会の候補者と競り合う大健闘をしましたが、残念ながら議席獲得にはいたらず、惜敗しました。

 日本共産党と候補者に1票をよせられたすべてのみなさんに心からお礼を申しあげます。また、猛暑の中、昼夜をわかたず奮闘されたすべての支持者のみなさん、しんぶん「赤旗」読者、後援会員、党員のみなさんに敬意と感謝を申し上げます。

 新しい政治情勢のもとで、日本共産党のはたすべき役割はますます大きくなっています。新しい国会で、安倍自公政権とその補完勢力による暴走と正面から対決し、抜本的な対案を示して奮闘し、草の根で様々な分野の国民運動・住民運動との共同を強め、かかげた公約の実現に全力を尽くす決意です。

 日本共産党は、今回の選挙の躍進を土台に、西三河では来年夏の知立市議選をはじめ、いっせい地方選挙、とりわけ県議選での勝利、国政選挙でのいっそうの前進を勝ち取るために奮闘します。

                   2013年 7月 日本共産党西三河地区委員会

| | コメント (0) | トラックバック (0)

比例は1票争う大激戦!5議席獲得を必ず

 参院選挙は大激戦、大接戦です。

「比例5議席絶対確保」「愛知選挙区勝利」―この目標実現へもう一押し、もう二押しです。

 昨日、(7月19日)日本共産党の志位委員長が名古屋駅前で、最後の街頭演説を行いました。

 志位委員長の訴え(の要旨)― 比例も選挙区も大激戦です。比例は5議席を目標にしています。いま猛烈に追い上げていますが、まだ5つには届いていません。残る2日間の大奮闘で必ず5人全員の当選を勝ち取るためにがんばりますので、お力をお貸しください。愛知選挙区はもとむら伸子さん。すばらしい政治家です。当落線上の大接戦まで持ちこんできました。どうしても勝とうではありませんか。私は選挙選を通じてテレビの党首討論を7回やってきました。この論戦をつうじても今度の選挙は自民党対共産党―自共対決が鮮明になりました。私たちは自民党と正面から対決し日本の政治の4つの転換(①国民の所得を奪う政治⇒所得を増やす政治②原発にしがみつく政治⇒原発ゼロの日本へ③憲法をないがしろにする政治⇒憲法9条を守り生かした平和日本へ④アメリカいいなり政治⇒自主独立、平和日本へ)を最後まで訴えぬいてたたかいます。

もとむら伸子 参院愛知選挙区候補

Photo

「07192.bmp」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2013年8月 »